坂本夏子

 

坂本夏子
1983年熊本県生まれ。東京在住。

坂本夏子は2012年に愛知県立芸術大学大学院美術研究科博士後期課程を修了。「絵画の庭 – ゼロ年代日本の地平から」(2010年・国立国際美術館、大阪)、「魔術/美術 – 幻視の技術と内なる異界」(2012年・愛知県美術館、愛知)、「であ、しゅとぅるむ」(2013年・名古屋市民ギャラリー矢田、愛知)、「はじまり、美の饗宴展すばらしき大原美術館コレクション」(2016年、国立新美術館、東京) など多数のグループ展に参加するほか、3ヶ月の滞在制作を経て行われた個展「ARKO 2013 坂本夏子」(2013年、大原美術館、岡山) も開催された。
これまで坂本の歪む空間とその世界観を強固にする独特の色彩、永遠に終わらない奇妙な戯曲の中に生きているかのような少女達は、わたしたちの中に強い印象を残してきた。そして2012年以後、絵画に宿る物語性を一歩後退させ、描く行為を前景化した表現へと変化し、坂本が常に問題意識として持っている、絵画の中にしか表すことができない空間への興味がさらに推し進められていく。それは、絵を描くという行為自体の反芻であり、絵画の普遍的な器としての美や強度を試す実験であると言えよう。

 

コレクション

愛知県美術館
愛知県立芸術大学
大原美術館
国立国際美術館
第一生命保険株式会社
豊田市美術館