柳幸典

 

 

柳幸典
1959年福岡県生まれ。広島県在住。

1986年より蟻を使った作品、フンコロガシのように土の玉を転がす作品など、美術のシステムの外で〈移動〉を切り口に発表を開始。1993年、第45回ヴェネチア・ビエンナーレに選ばれ、アペルト部門を日本人で初めて受賞する。以後ニューヨークにスタジオを構え、1996年サンパウロ・ビエンナーレ(ブラジル)、1997年ビエンナーレ・ド・リヨン(フランス)など多くの国際展に招待される。2000年のホイットニー・バイアニュアルでは、ニューヨーク在住の作家として外国人で初めて選ばれる。1992年に直島コンテンポラリー・アート・ミュージアム(当時)の開館に伴い個展に招待された際に銅の精錬所廃墟がある犬島に出会い、1995年「犬島アートプロジェクト」を着想する。2008年、明治の近代産業遺産と昭和の三島由紀夫のメッセージに自然エネルギーの技術を融合させた美術館、「犬島精錬所美術館」を完成させる。2012年、広島県尾道市の離島「百島」の廃校となった旧中学校を拠点とした『ART BASE 百島』を立ち上げ、瀬戸内海をフィールドに活動している。

 

コレクション

高知県立美術館
国立国際美術館
高松市美術館
東京都現代美術館
徳島県立近代美術館
ベネッセアートサイト直島
原美術館
広島市現代美術館
福岡アジア美術館
横浜美術館
広島市(広島市現代美術館制作委託)
山梨県立美術館
滋賀県立近代美術館
沖縄県立博物館・美術館
アレン・メモリアル・アート・ミュージアム
オーバーリン・カレッジ
ヴァージニア美術館
オーストラリア国立ギャラリー
クイーンズランド・アート・ギャラリー
テート・ギャラリー
ニューヨーク近代美術館
ニューヨーク・パブリック・ライブラリー
ハーヴァード大学フォッグ美術館
ファブリック・ワークショップ・ミュージアム
フィラデルフィア美術館
ヒューストン美術館
マサチューセツ工科大学リスト視覚芸術センター
ルイジアナ近代美術館
スイスバンク・コーポレーション
ベイエリッシェ・ヴェレインズバンク
ルートヴィヒ財団近代美術館
O Museum
Museum MACAN (Modern and Contemporary Art in Nusantara)